トランペット

トランペットマウスピース3C5C7Cの違いは?サイズの選び方やヤマハとバックも比較してみた!

トランペットマウスピース3C5C7Cの違いは?サイズの選び方やヤマハとバックも比較してみた!

トランペットのマウスピースはヤマハやバックなど、メーカーによってサイズの違いがあります。

そして、バックのマウスピースだけでも3Cや5C、7Cなどサイズが沢山あり、それぞれに違いがあるのです!

 

そこで今回は、トランペットのマウスピースのサイズの違いや比較をしてみました!

ヤマハやバックは勿論、3C、5C、7Cの数字やアルファベットなどの違いも紹介していきます。

 

まず初めに、トランペットマウスピースの3C、5C、7Cなど数字やアルファベットの違いについてです。

近くのトランペット教室が見つかります♪/
\気になる人は↓↓↓をクリック!/
トランペット教室 Zehitomo上

トランペットのマウスピース3C5C7Cの違いは何?

トランペットのマウスピースは他の金管楽器に比べてサイズが沢山あって何を使うか迷いますよね。

トランペットを吹き続けている私でも未だにどのマウスピースが自分に合うのか研究の日々です^^

 

それでは早速、トランペットのマウスピースに書いてある3C、5C、7Cの数字やアルファベットの意味について紹介していきます!

トランペットのマウスピースのサイズ・数字の意味は?

初めに、バックのトランペットマウスピースについてです。

 

バックのトランペットマウスピースに3C、5C、7Cなどのサイズに数字が書かれていますがこれはどのような意味なのでしょうか?

以下にまとめてみました!

トランペットマウスピースの数字の意味

数字が小さいほどリム内径(唇の触れる部分のこと)が大きくなる。

リム内径と言われても難しいと思うのでここに出てきている3C、5C、7Cを例に挙げてリム内径をまとめてみました。

  • 3C=16.3mm
  • 5C=16.25mm
  • 7C=16.2mm

 

ちなみにヤマハは、バックとは反対に数字が大きいほどリム内径が大きくなります。

 

ここまでトランペットマウスピースの数字について紹介したので次はアルファベットについて紹介していきます!




トランペットのマウスピースのサイズ・アルファベットの意味は?

ここまでトランペットマウスピースのサイズの数字について触れたので次は数字の隣にあるサイズのアルファベットについてです。

 

バックのトランペットマウスピースのサイズのアルファベットの意味について以下にまとめてみました!

トランペットマウスピースのアルファベットの意味

カップの深さ

実は、カップの深さはC以外にも様々なサイズがあります。

次にまとめてみました!

  • A→深い
  • B→やや深い
  • C→標準
  • D→少し浅い
  • E→やや浅い
  • F→浅い

ちなみにヤマハは、一つ前の数字と同じくアルファベットが最初の方が浅くなります。

バックのAは深いですが、ヤマハのAは浅くなります。

 

ここまでトランペットマウスピースの数字やアルファベットについて紹介してきました。

次からは実際に表を用いてまとめていきます!

トランペットのマウスピース3C5C7Cの仕様や特徴の違い

ここからは実際に表を用いて、トランペットマウスピース3C、5C、7Cの仕様や特徴、ハイトーンの出やすさ、選び方をまとめてみました!

  3C 5C 7C
仕様 リムがフラット 通常の形 リムがとんがりめ
特徴 細い音 トランペットらしい音 深みのある音
ハイトーン とても出やすい そこそこ出せる 少し出しづらい

トランペットマウスピースの選び方としては、仕様、特徴、ハイトーンの3点が大きいと思います。

 

ここまでトランペットマウスピースの様々な違いを紹介してきましたが、ここからは実際にどのような人に向いているのかお伝えしていきます。

トランペットのマウスピース3C5C7Cはどんな人に向いてる?

ここまでトランペットマウスピースの違いを様々な観点から紹介したのでここからは実際にどんな人に向いているかまとめていきますね。

トランペットマウスピースの選び方の参考になったら嬉しいです。

トランペットのマウスピース3Cはこんな人に向いている

トランペットマウスピースの3Cに向いている人を以下にまとめました!

3Cに向いている人

  • ハイトーンを楽に出したい人
  • 深い音よりも細い音や鋭い音を求めている人

具体的に言うと、3Cはジャズ奏者や吹奏楽のアドリブソロでハイトーンを沢山吹く人は3Cに向いています。

3C向きだと思う人は↓↓↓こちらから詳細を確認してみてくださいね!

 

次は、トランペットマウスピースの5Cに向いている人についてです

トランペットのマウスピース5Cはこんな人に向いている

では、ここからはトランペットマウスピース5Cに向いている人についてです

5Cに向いている人

  • どんなジャンルも吹きたい人
  • トランペットらしい音を出したい人
  • 初心者の人
  • どのマウスピースを使ったらいいかわからない人

5Cは数字もアルファベットも標準ということですどの曲にも使える言わばオールマイティのマウスピースです。

ハイトーンも低音も3Cや7Cに比べたら怠ってしまいますが、比較的出しやすいです。

 

そのため、吹奏楽をやっている人や初心者は必ずと言ってもいいほどこの5Cは通る道だと思います。

安定の5Cが気になる人は↓↓↓こちらから詳細を見ることができます!

 

次は、トランペットマウスピース7Cに向いている人についてです。

トランペットのマウスピース7Cはこんな人に向いている

最後にトランペットマウスピース7Cに向いている人についてです

7Cに向いている人

  • 低い音を重点的に出したい人
  • 深い音を出したい人

7Cはリム内径が小さいため深みのある音が出ます。そのためサードパートなどトランペットパートを支える方は7Cをよく使われます。

その代わりハイトーンは出しづらくなってしまいます。

トランペットパートの低音域をよく吹く人はこちらから詳細を確認してみましょう!

 

ここまでバックのトランペットマウスピースについてまとめてきました。

ぜひ、トランペットマウスピースの選び方の中にこの特徴を交えて検討してみてください。

 

ここからはヤマハとバックのトランペットマウスピースの違いをまとめていきます。

トランペットのマウスピース、ヤマハとバックを比較!

ここまでバックのトランペットマウスピースについて紹介してきたのでここからはヤマハとバックのトランペットマウスピースの違いを紹介していきます!

今回は、値段、生産国、数字・アルファベットの違い、在庫状況の違いをまとめてみました。

やはり、様々な違いが見て取れますね。

 

ここまでトランペットマウスピースのヤマハとバックの違いをまとめたのでここからは初心者に向いているマウスピースを紹介していきます!

トランペットのマウスピースバックとヤマハ、初心者におすすめは?

ここまでトランペットマウスピースについてやヤマハとバックの違いをまとめてきました。

ここからは初心者に向いているトランペットマウスピースをヤマハとバックから一つずつ紹介します!

初心者に向いているバックのマウスピース

バック5C

 

この2つが初心者に向いている理由は同じで、数字アルファベット共に標準だからです。

 

VカップやUカップというのもありますが初心者の方はVカップよりもUカップをおすすめします。

慣れてきたらぜひVカップにチャレンジしてみてください!

 

初心者に限らず、様々なジャンルを吹きたい方やどのマウスピースを吹いたらいいかわからない方は是非このマウスピースを試してみてください!

 

だけど、ここまで記事を読み進めたあなたはトランペットマウスピースの購入を検討しているけど、最後の決め手が何か欲しい…と思っていませんか?

そんなあなたには、トランペットのプロに聞いてみるのもおすすめ!ということをご紹介していきます。

トランペットマウスピースの購入はトランペットのプロに相談してみる?

ここまで、トランペットマウスピースの3C5C7Cの違いをご紹介してきました。

 

これまでの紹介で、トランペットマウスピースの3C5C7Cの違いや選ぶ基準はわかったと思います。

そうはいってもいざトランペットのマウスピースを購入しようと思っても、やっぱり不安はつきものです。

 

また、3C5C7Cの違いや選ぶ基準はわかっても、自分の唇にあったマウスピースなのかも不安に感じるかもしれませんね。

 

そこで、どんなマウスピースが自分に合うのか、トランペットのプロに相談してみるということもありなのではないでしょうか^^

 

トランペットを教えてくれる音楽教室などは全国にはたくさんありますし、今はネットでのオンライン教室も当たり前の時代になりました!

つまり、近所にトランペット教室がなくてもオンライン上でトランペットに関する相談をトランペットのプロに気軽に聞くことができちゃうんです♪

楽器のプロを探せるゼヒトモというサイトでは簡単な質問に答えるだけでAIがあなたにピッタリなトランペットレッスンのプロを5人ピックアップしてくれます♪

アンケートに答えて紹介してもらうまでは無料なので探してみると面白いですよ^^

\トランペットのレッスンを無料で探す!/

まとめ

今回はトランペットマウスピースの3Cや 5C、7Cなどの数字やアルファベットの違い、ヤマハとバックの違いなど様々な違いなどを紹介しました。

トランペットマウスピースの選び方の参考になったら嬉しいです。

 

3C、5C、7Cは数字が近いですが、吹きやすさが全然違います。

ヤマハとバックでも違います。

ちなみに私は最初バックの7Cから3Cに行き、現在は5Cを使っています。

慣れてきたらUカップをVカップに変えたりハーフというサイズを使ってもいいと思います!

 

Vカップは深い音が響くため、Uカップに満足したトランペット奏者はVカップにチャレンジしていきます。

マウスピースの選び方は沢山あり、マウスピース1つでも吹きやすさ、出てくる音色にも違いがあるので自分に合うトランペットマウスピースを研究してみてください!

\ 近くのトランペット教室が見つかります♪/
\上手くなりたい人は↓↓↓をクリック!/
トランペット教室 ゼヒトモ下