吹奏楽部

吹奏楽の楽器で不人気なのは?吹奏楽部で人気のない希望の楽器になれなくて変えたいけど変更はできる?

吹奏楽の楽器で不人気なのは?吹奏楽部で人気のない希望の楽器になれなくて変えたいけど変更はできる?

10種類以上の楽器から構成される吹奏楽部!

これだけの吹奏楽楽器があれば、不人気な楽器が出てしまうのも当然^^;

 

しかし、どの吹奏楽楽器もカッコいいのに、不人気と言われてしまうのはなぜでしょう?

今回は、吹奏楽部で不人気な楽器をその理由とともにランキングでご紹介!

 

また、不人気な楽器になった時の対処法希望の楽器になるためのポイントもこっそり教えちゃいます♪

希望の楽器を目指して、ぜひ読み進めてみて下さいね^^

管楽器レッスンの教室が見つかります♪/
\気になる人は↓↓↓をクリック!/
管楽器教室 Zehitomo上

吹奏楽の楽器不人気ランキング!

吹奏楽の楽器で不人気なのは?吹奏楽部で人気のない希望の楽器になれなくて変えたいけど変更はできる?
吹奏楽で不人気な楽器1位:チューバ

吹奏楽で不人気な楽器、第1位はチューバ

たしかに、希望の楽器としてチューバを挙げる人は少ないです(笑)

しかし、なぜそこまで不人気なのでしょう?

その理由は「楽譜がつまらない」…これに尽きます^^;

 

吹奏楽で1番大きなチューバ。

ですが、目立つビジュアルでありながら、演奏は非常に地味…。

楽譜は基本四分音符。1小説でもメロディーがあれば大はしゃぎ、ソロなんてあろうものならお祭り騒ぎです(笑)

カッコいいメロディーを吹くのは、吹奏楽奏者の憧れ!

伴奏ばかりだと、吹奏楽部で不人気になってしまうのも納得ですね。

しかし、曲を支える低音を担当するチューバは、吹奏楽部の大黒柱的存在でもあります^^




吹奏楽で不人気な楽器2位:ホルン

吹奏楽で不人気な楽器、第2位はホルン

ホルンも吹奏楽部では伴奏に回ることが多いです!

特にマーチでは、裏拍でリズムを刻む「裏打ち」と呼ばれる伴奏が果てしなく続きます。

マーチの合奏中で迷子になるのはホルンあるあるです(笑)

さらに、ホルンは世界一難しい金管楽器と言われています。

伴奏が多い上に、難易度が高いとなると希望の楽器としては敬遠されてしまいますね^^;

 

しかし、この伴奏がある・なしで曲の仕上がりは大違い!

ホルンの伴奏がスパイスになって、曲に絶妙な表情を与えてくれます^^

 

吹奏楽で不人気な楽器3位:ユーフォニアム

吹奏楽で不人気な楽器、第3位はユーフォニアム

ユーフォニアムは比較的メロディーが多いです。

希望の楽器として名前が挙がっても良さそうですが…なぜ不人気なのでしょう?

 

19世紀に作られたユーフォニアムは、操作性に優れた吹きやすい構造をしています。

そのため、クラリネットやフルート並みの細かいフレーズも担当します!

メロディー、細かいフレーズ、伴奏…表現力と技術が必要で大忙しなのです^^;

 

しかし、ここまで引っ張りダコなのはユーフォニアムが曲に厚みを与えてくれるから。

実は、ギリシャ語の「良い響き」という言葉が語源なんですよ!

その広がりと深みのある柔らかい音で、曲に温かな響きを加えてくれます^^

 

ここまで、吹奏楽部で不人気な楽器を紹介してきました!

「演奏で目立たない」というのが不人気な理由でしたね。

では、そんな不人気な楽器にならないためにはどうしたら良いのでしょう?!




吹奏楽部で人気のない楽器になる可能性は?

吹奏楽の楽器で不人気なのは?吹奏楽部で人気のない希望の楽器になれなくて変えたいけど変更はできる?

吹奏楽部では、見た目・体格から相性の良い楽器を決めることが多々あります。

そのため、人気のない楽器になる可能性は、見た目・体格に寄る所が大きくなってきます。

  • しっかりした体格→チューバ・ユーフォニアム
  • 唇が薄い→ホルン

特に吹奏楽部男子は有無を言わさずチューバに回されます(笑)

やはり、あの巨大なチューバを支えるには体格がしっかりした男子が最適。

常に楽器を抱えているユーフォニアムも比較的体格がしっかりしている女子が選ばれます。

 

また、ホルンはマウスピースがとても小さく、薄い唇の方が音を出しやすいです。

そのため、唇が薄いとホルンに選ばれる確率がグッと上がります。

 

吹奏楽部で不人気な楽器に選ばれがちな条件を持っているあなた!

不人気な楽器になったとしても、吹奏楽部ライフを楽しむ方法はありますよ^^

 

次に、吹奏楽部で不人気な楽器になってしまった時の対処法をご紹介していきます!




吹奏楽部で不人気な楽器になった時はどうする?

吹奏楽の楽器で不人気なのは?吹奏楽部で人気のない希望の楽器になれなくて変えたいけど変更はできる?

「希望の楽器への願い叶わず、吹奏楽部で不人気な楽器になってしまった…」

大丈夫です!ぜひ、この方法を試してみて下さいね^^

 

不人気な理由は楽器そのものではなく、楽譜にストレスを感じるから。

楽しい楽譜なら、必然とその楽器だって楽しくなります♪

楽譜におけるストレスを解消するには、この2つが効果的!

不人気な楽器を楽しむ方法

  1. お気に入りのエチュードを1冊持とう♪
  2. パートアンサンブルをしよう♪

エチュードとは、演奏の技術や表現力を上達させるための練習曲集です。

メロディー曲が多いので、吹くのが楽しくスキルアップにも最適!

 

また、アンサンブルは同系統の楽器数名で編成される演奏形態。

少人数のため、メロディー・伴奏・ソロに至るまで様々な役割が回ってきます!

合奏で憧れていた役割ができちゃうのです^^

 

この2つはスキルアップ+ストレス解消に繋がる一石二鳥な方法ですよ!

 

しかし、「楽器そのものを変えたい!」という意見もあるはず^^;

続いては、楽器を変えたいと思った時に吹奏楽部で楽器変更が可能なのか見ていきます!

吹奏楽部で楽器を変えたい!変更はできる?

吹奏楽の楽器で不人気なのは?吹奏楽部で人気のない希望の楽器になれなくて変えたいけど変更はできる?「人気のない楽器になってしまった…楽器を変えたいけどできるのかな?」

その答えは…楽器変更はできます!

その変更パターンは大きく2つ。

  1. パート内での変更
  2. 木管・金管楽器からパーカッションへ変更

パート内での変更は、サックスやクラリネットがわかりやすいです^^

「同族楽器」と呼ばれるサックスやクラリネットは、高音から低音まで勢ぞろい!

音の出し方に多少の違いはあるものの、基本奏法はほぼ同じです。

身に付いているスキルを活かして変更できるのがポイントです!

 

また、パーカッションは吹奏楽部の中でも比較的簡単。

叩けば音が出るので、楽器を変えたい方にとってそこまでハードルが高くありません。

まずは、タンバリン等の小物系楽器から始め、マリンバやティンパニーなどへ徐々にベルを上げていくことができます!

 

さて、人気のない楽器になっても変更は可能ということがわかりました。

しかし、最初から希望の楽器になれるのが1番!

最後に吹奏楽部で希望の楽器になる方法を伝授します^^

吹奏楽部で希望の楽器になる方法!

吹奏楽の楽器で不人気なのは?吹奏楽部で人気のない希望の楽器になれなくて変えたいけど変更はできる?

吹奏楽部では、希望の楽器を100%できるとは言えません。

というのも、吹奏楽では見た目や体格が楽器決めの判断材料の1つとなっているからです。

 

しかし、同様に希望の楽器に合った性格かどうかも楽器決めでは重要なポイント!

「明るく元気な性格だから、華やかなトランペットに向いているかも!」

「目立つのが大好き!ソロの多いサックスが自分に合っていそう!」

こんな風に希望の楽器の特徴と自分の性格をシンクロして考えることが大事なんです。

 

音色や表現力はその人の性格がよく表れます。

持ち前の性格で楽器の良さをさらに引き出すことができるなんて素敵なことですよね^^

 

見た目や体格を自分の力で変えることは難しいもの。

そんな時は、希望の楽器に合った自分の長所を見つけてアピールすることが大事です^^

希望の楽器の特徴を分析して、作戦を立てていきましょう!

吹奏楽で不人気な楽器まとめ

今回は、吹奏楽部で不人気な楽器を紹介してきました!

楽器そのものが不人気というよりは、曲中でメロディーがどれだけあるかが大きな理由でしたね。

 

また、吹奏楽で人気のない楽器になった場合の対処法から、希望の楽器になるためのポイントもご紹介してきました^^

 

吹奏楽の楽器数には限りがあり、希望の楽器を全員が吹けるとは言えません。

しかし、吹奏楽部で人気のない楽器になっても気落ちする必要はゼロ!

スポットがあまり当たらないだけで、その楽器には心を掴む魅力がたくさんあります^^

 

不人気と言われてる楽器の人は、その魅力にハマってゾッコンだったりします(笑)

吹奏楽で人気・不人気かよりも、自分がその楽器を好きかどうかで選びましょうね!

 

それでは最後に管・打楽器の演奏が上手くなる方法をご紹介しておきますので、自分の楽器の奏法でお悩み中の方は必見です!!




吹奏楽の管・打楽器演奏が上手くなる方法!

今回は吹奏楽で不人気な楽器は何なのか?希望の楽器になるには?という内容でしたが、最後まで読んでくれたあなたはもしかして現役の吹奏楽部員ですか?

 

吹奏楽で自分が担当する楽器が、ある程度演奏できるようになったら本当に楽しいですよね♪

そして、どの楽器も突き詰めていくと奥が深くやりがいのある楽器だと思います^^

 

でも、自分の楽器で理想の音色を奏でるような演奏をしたいと思っても、思い通りに演奏することができないと悔しかったりしませんか?

 

自分で練習してもうまくできないときって誰でもあると思います。

そんな時は、部活の先輩や顧問の先生に教えてもらうことはできますが、やっぱり限界はあると思うんですよね…。

 

だからその楽器の理想の音色を奏でるには、専門の先生に教えてもらうことが一番の近道なのではないでしょうか?

だけど、あなたの近くには管楽器やパーカッション演奏の『うまくなる方法』を専門的に教えてくれる人はいないかもしれませんね。

 

そんな時はコチラのゼヒトモというサイトで、管楽器やパーカッション演奏の上達方法を教えてくれる先生を探すことができますよ^^

今はオンラインでも音楽教室のレッスンを受けることができる時代なので、全国からあなたにピッタリな管楽器やパーカッションレッスンの先生を捜してみませんか?

 

楽器のプロを探せるゼヒトモというサイトでは簡単な質問に答えるだけでAIがあなたにピッタリな管楽器やパーカッションレッスンのプロを5人ピックアップしてくれます♪

アンケートに答えて紹介してもらうまでは無料なので探してみると面白いですよ^^

\管楽器教室のプロを無料で探す!/

\パーカッションのレッスンを無料で探す!/

 

\ 近くの管楽器レッスン教室が見つかります♪/
\上手くなりたい人は↓↓↓をクリック!/
管楽器教室 ゼヒトモ下