サックス

アルトやテナーサックスの値段中学生の平均は?吹奏楽部で使う楽器を選ぶ基準は何?

アルトやテナーサックスの値段中学生の平均は?吹奏楽部で使う楽器を選ぶ基準は何?

値段が高いイメージですが、平均の相場は楽器によって様々です。

しかし、練習していくと「自分の楽器を持ちたい」と思いますよね。

 

そこで今回は、吹奏楽でよく使われるアルトサックステナーサックスバリトンサックスをピックアップしました。

中学生におすすめするアルトサックス、テナーサックス、バリトンサックスの値段やポイントを踏まえながらご紹介します。

 

初めに、中学生におすすめのアルトサックスの平均的な値段の相場についてご紹介します。

近くのサックス教室が見つかります♪/
\気になる人は↓↓↓をクリック!/
サックス教室 Zehitomo上

アルトサックスを中学生が買うなら平均的な値段の相場はいくら?

初めに、中学生におすすめなアルトサックスの平均的な値段の相場についてです。

 

中学生だとアルバイトもできないので購入できる値段の制限が出てきてしまいますよね…。

アルトサックスの平均の値段の相場は一体いくらなのでしょうか…?

中学生におすすめなアルトサックスの値段は?

まずは、中学生におすすめなアルトサックスの値段についてです。

その値段は…

20万〜30万円台

なぜ、この値段が中学生におすすめなのか1番の理由を説明します^ ^

 

中学生は、身体の成長や技量、知識が1番身につきやすい年齢です。

そのため、あまり高い楽器を買ってしまうと高校生、大学生になった時に楽器と自分が合わなくても中々買い直す勇気が出ませんよね。

 

また今は楽器の歴史も進化し、20万円台の楽器でも良く響き吹きやすいとプロの方も言っていました。

そのため、値段の高い楽器に中々手が出しづらい中学生でも20万円台〜30万円台だったら背伸びしたら届きそうですね。

 

ここでは、新品の値段を紹介しましたが、中古でもアルトサックスは沢山売られています。

中古だと、楽器の状態や型番にもよりますがおおよそ新品の値段の10〜20万円引いた値段で買うことができます!

購入する際は、新品に限らず中古の楽器を見てみるのも一つの手ですよ!

 

ここでは中学生におすすめなアルトサックスの値段をご紹介したので、次は中学生におすすめなアルトサックスを3つに絞って紹介します!

中学生におすすめなアルトサックス3選!

ここまで、中学生におすすめなアルトサックスの値段についてご紹介したのでここでは、中学生におすすめなアルトサックスを3つに厳選して紹介します。

ヤマハ YAS-480

この楽器は、定価25万円ととても安い値段なのにも関わらず、楽器自体がとても響きやすく奏者の感性をくすぐるような楽器です。

ヤマハは日本製ということで安心感もありますよね。

楽器の特徴、値段を考えても中学生におすすめしたいアルトサックスの一つです。

ヤマハ YAS-280

こちらもヤマハの楽器になります。

このアルトサックスの特徴は、なんと言っても初心者が吹きやすいように基本に特化した楽器です。

そのため、安定した安定、操作性を求めることができます。

定価も15万円と言うことで安い値段ですね!

ヤナギサワ A-WO1

こちらはヤマハではありませんが、同じ日本製の楽器メーカーヤナギサワのアルトサックスです。

ヤナギサワはサックスがとても有名です!

日本製ではありますが、ヤマハのようにリーズナブルの値段ではなく30万円台と少し高いです。

しかし、その分吹きやすく扱いやすいと評判を呼んでいます

ヤナギサワも型番によっては大幅に値段が異なりますが、ヤナギサワでよく使われているのはこの型番だと思います!

先程もありましたが、アルトサックスに限らずですが、多くの楽器は中古でも売られています。

地域にある中古屋さんは勿論、ヤマハなどの楽器メーカーでも中古の楽器は売られています。

 

中古だと他の人が使った後ということで手が出しづらい方もいると思いますが良い物や、珍しい型番など多く扱われているので気になる方は一度中古の楽器も見てみてください!

 

ここまで中学生におすすめなアルトサックス3選を紹介したので次は、吹奏楽で使うアルトサックスの選ぶ基準について紹介します!

吹奏楽部で使うアルトサックスを選ぶ基準は何?

ここまで、中学生におすすめのアルトサックスをご紹介したのでここからは、吹奏楽で使うアルトサックスの選ぶ基準について3つのポイントをご紹介します。

「吹きやすさ」「操作のしやすさ」は、吹奏楽に限らず、アルトサックスを選ぶ上で必要になるポイントです。

3つ目の「パフォーマンスのしやすさ」アルトサックスだからこそ求められる重要なポイントの一つです。

 

これも、吹奏楽に限らずソロや、ジャズをやる上で必要になるポイントです。

 

アルトサックスは、普通のメロディやソロは勿論、アドリブソロも多く担当します。

 

アルトサックスの聞くとかっこいいイメージがありますよね!

なので、どのようにカッコよく吹くかは「パフォーマンスのしやすさ」も重要な点になります。

アルトサックスを選ぶ際はこの3つの点をポイントとして抑えて選んでみてください!

 

ここまでアルトサックスについて中学生におすすめの値段や楽器を紹介しましたので次は、テナーサックスの平均的な値段の相場を紹介します!

テナーサックスを中学生が買うなら平均的な値段の相場はいくら?

ここまでアルトサックスの中学生におすすめの値段や楽器を紹介したのでここでは、中学生におすすめなテナーサックスの平均的な値段の相場についてです。

テナーサックスの平均的な値段の相場は一体いくらなのでしょうか…?

中学生におすすめなテナーサックスの値段は?

ここでは、中学生におすすめなテナーサックスの値段についてです。

その値段は…

30万〜40万円台

先程のアルトサックスよりも楽器が大きくなる分10万円ほど高いですね。

 

アルトサックスのように、テナーサックスも中古品が数多く売られているので少し値段が高いと感じた方は中古品も見てみてください!

20万円ほどの安い値段で購入できるものもありますよ!

 

ここでは中学生におすすめなテナーサックスの値段をご紹介したので、次は中学生におすすめなテナーサックスを3つに絞って紹介します!

中学生におすすめなテナーサックス3選!

ここまで、中学生におすすめなテナーサックスの値段についてご紹介したのでここでは、中学生におすすめなテナーサックスを3つに厳選して紹介します。

ヤマハ YTS-480

このテナーサックスは、先程アルトサックスでもランクインした楽器と同じ型番の楽器です。

アルトサックス同様に楽器自体がとても響きやすく奏者の感性をくすぐるような楽器なのが1番のおすすめポイントです!

値段もテナーサックスの平均を考えたら安いですね!

ヤマハ YTS-62

この楽器もヤマハ製ということで、安心感がありますね!

他にも、この型番は古い歴史がありたくさんの改良を重ねて作られた楽器なので奏者のことを第一に考えて作られたと言っても過言ではないほどの楽器になっています。

たくさんの方々の熱や力が加えて改良し続けているのにも関わらず、定価が37万円で買えるということで中学生におすすめしたい楽器の一つです!

ヤナギサワ T-WO1

このテナーサックス、先程紹介したアルトサックスと同じ型番のヤナギサワの楽器です。

アルトサックスの同様に吹きやすく、扱いやすいのも特徴的です!

ここで、値段的に中学生におすすめ3選にランクインしなかったセルマーを簡単に説明します!

セルマーはテナーサックスに限らず、アルトサックス、バリトンサックスなど多くのサックスをセルマーは製造していますが、どの楽器を見てもやはり高いです。

 

セルマーの生産国はフランスのパリということで、輸入費なども上乗せになりヤマハやヤナギサワのような値段設定は難しいのかもしれませんが、中々中学生は手が出ませんね。

 

しかし、セルマーは値段は高いですが楽器はとてもよくプロの方は勿論、中学校の備品としても置かれている学校もあります。

興味のある方はぜひ、セルマーも調べてみてください!

 

ここまで中学生におすすめなテナーサックス3選を紹介したので次は、吹奏楽で使うテナーサックスの選ぶ基準について紹介します!

吹奏楽部で使うテナーサックスを選ぶ基準は何?

ここまで、中学生におすすめのテナーサックスをご紹介したのでここからは、吹奏楽で使うテナーサックスの選ぶ基準についてご紹介します。

 

アルトサックスと同様に、「吹きやすさ」、「操作のしやすさ」、「パフォーマンスのしやすさ」も大事になりますが、テナーサックスで1番基準にして欲しいのは…

扱いやすさ

理由を簡単に説明します!

 

「吹きやすさ」「操作のしやすさ」は勿論、アルトサックス同様に、テナーサックスもアドリブソロなども担当するため「パフォーマンスのしやすさ」も選ぶ基準になります。

 

しかし、テナーサックスは吹奏楽でいうと中低音に位置するためメロディは勿論、伴奏オブリガードも担当します。

そのため、様々な演奏形態にも対応できる「操作のしやすい楽器」を1番重視しなければならないテナーサックスのポイントになります!

 

ここまでテナーサックスについて中学生におすすめの値段や楽器を紹介しましたので次は、バリトンサックスの平均的な値段を紹介します!

中学生でバリトンサックスを買うとしたら値段はいくら?

ここまでアルトサックス、テナーサックスの中学生におすすめの値段や楽器を紹介したのでここでは、中学生におすすめなバリトンサックスの平均的な値段について紹介します。

 

バリトンサックスの平均的な値段は…

やはり、アルトサックスやテナーサックスとは比べ物にならない値段ですね。

 

ヤマハでは、安いもので60万円ほどで売られてますがセルマー、ヤナギサワを見てみると100万円前後の値段が数多くありました。

 

かと言って、60万円のヤマハは手を抜いているから安いわけでは勿論ありません。

ヤマハのバリトンサックスは多くの吹奏楽団体でも使われているほどオーソドックスな楽器になります!

 

中々、中学生でバリトンサックスを購入する方は少ないですが、購入する際は60万〜80万円台のバリトンサックスをおすすめします!

また、アルトサックス、テナーサックス同様に中古品も売られているので購入を検討している方は中古品も探してみるのも一つの方法ですよ!




サックスの値段はサックスのプロに相談してみる?

ここまで、吹奏楽でよく使われるアルトサックス、テナーサックス、バリトンサックスの値段や中学生におすすめなサックスをご紹介してきました。

 

これまでの紹介で、サックスの値段の相場や選ぶ基準はわかったと思います。

そうはいってもいざサックスを購入しようと思っても、やっぱり不安はつきものです。

 

そこで、サックスのプロに相談してみるということもありなのではないでしょうか^^

 

サックスを教えてくれる音楽教室などは全国にはたくさんありますし、今はネットでのオンライン教室も当たり前の時代になりました!

つまり、近所にサックス教室がなくてもオンライン上でサックスに関する相談をサックスのプロに気軽に聞くことができちゃうんです♪

楽器のプロを探せるゼヒトモというサイトでは簡単な質問に答えるだけでAIがあなたにピッタリなサックスレッスンのプロを5人ピックアップしてくれます♪

アンケートに答えて紹介してもらうまでは無料なので探してみると面白いですよ^^

\サックスのレッスンを無料で探す!/

まとめ

今回は、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックスの平均的な値段の相場や中学生におすすめの値段、楽器を紹介しました。

やはり、王道はヤマハですがセルマー、ヤナギサワも捨てがたいですね!

 

中学生で購入しやすい値段はアルトサックス、テナーサックス同様に50万円以下で購入できます。

一生に一度の買い物の方もあると思うので、選ぶ際は楽器屋さんに相談したりプロの方の選定、中古品の検討もしてみてはいかがですか^ ^

\ 近くのサックス教室が見つかります♪/
\上手くなりたい人は↓↓↓をクリック!/
サックス教室 ゼヒトモ下