ホルン

ホルンが上手い人の特徴や性格は?上手くなりたい人はここをチェック!

ホルンが上手い人の特徴や性格は?上手くなりたい人はここをチェック!

一緒に練習していると「あの人は楽器が上手い人だな」と思ったことはありませんか?

楽器が上手い人というのは、誰よりも練習をしているとは思いますが特徴や性格も関係しているかもしれませんね。

そこで今回は、ホルンに視点を当ててホルンが上手い人の特徴や性格を紹介します!

 

初めに、ホルンが上手い人の特徴について紹介します!

ホルンが上手い人の特徴は?

まず初めに、ホルンが上手い人の特徴について紹介します!

ホルンが上手い人の特徴

どんな楽譜が来ても諦めずに練習する人

ホルンが上手い人の特徴としてあげられるのは、練習を諦めない人が多い傾向が特徴として見られます。

ホルンはギネスに載るほど難しい楽器と言われているのです!

また、ホルンの特徴として裏方やメロディやオブリガード、ソロを担当します。

そのため、どんな楽譜が来てもめげずに練習する人がホルンが上手い人の特徴だと思います!

 

ここでは、ホルンが上手い人の特徴を紹介したので次では特徴に変わってホルンが上手い人の性格を紹介します!

ホルンが上手い人の性格は?

これまでホルンが上手い人の特徴を紹介したので、ここからはホルンが上手い人の性格を紹介します!

ホルンが上手い人はどんな性格の方が多いのでしょうか?

今回は性格を2つに厳選して紹介します!

ホルンが上手い人の性格

  • 忍耐力が強い性格
  • 慎重派な性格

では一つずつ見ていきましょう^ ^

忍耐力が強い性格

先程の、ホルンが上手い人の特徴でもあったようにホルンは様々な楽譜を吹きこなさなければならないため沢山の練習を必要とします。

そのため、忍耐強い性格の人は諦めず粘り強く練習するためホルンが上手くなります。

ホルンを上手くなるためには、忍耐強く練習することが必要ですね!

慎重派な性格

ホルンは、ギネスに載るほど難しい楽器と言われています。

また、音域がとても広いですがその分慎重に吹かないと音がすぐに裏返ってしまいます。

ホルンの音が裏返っていると好印象は持てないですよね。

なので、1音1音慎重に吹く人がホルンが上手い人の性格だと思います!

 

ここまでホルンが上手い人の特徴や性格を紹介しましたが、ホルンが上手くなりたい人はどうしたらいいのでしょうか?

そこで、ホルンが上手くなりたい人におすすめの性格をチェックについて紹介します!

ホルンが上手くなりたい人は性格をチェック?

ここまでホルンが上手い人の特徴や性格を紹介したのでここでは、ホルンが上手くなりたい人におすすめの性格をチェックについて紹介します!

自分は、ホルンが上手い人の性格に当てはまってるのかチェックしてみましょう!ホルンが上手くなるための近道になるかもしれませんね!

ホルンが上手い人の性格

  • 忍耐力が強い性格
  • 慎重派な性格

では、一つずつチェックしていきましょう^ ^

忍耐力が強い性格
  • 難しい楽譜が来ても吹けるようになるまで練習しますか。
  • 練習を諦めていませんか。
  • 曲のテンポではなくゆっくりから練習していますか。
  • 地道に練習をしていますか。
慎重派な性格
  • 1音1音を大切にしてますか
  • 乱暴な音を出していませんか
  • 音が裏返ったら気にしますか
  • 音のアタックを気にして練習していますか
  • 音を出す前にイメージしていますか

どうでしたか?

2つの性格に一つずつ当てはまるものがあればそれはホルンが上手い人と言っていいと思いますよ!

また、残念ながら性格チェックをして当てはまらなかった人も諦めないでください!

今後の練習で少しずつ気にするだけでもホルンが上手い人に近づいていきますよ。

 

ここでは、ホルンが上手くなりたい人に向けての性格チェックをしたので最後に、ホルンが上手くなる方法や基礎練習を解説していきます!

 

ホルンが上手くなる方法や基礎練習を解説!

ここまで、ホルンが上手くなりたい人に向けての性格チェックをしたのでここでは、ホルンが上手くなる方法や基礎練習を解説していきたいと思います!

 

初めにホルンが上手くなる方法です。

ホルンが上手くなる方法

地道な練習

ホルンが上手くなる方法は、「地道な練習」が1番大切になります。

曲の練習も必要となりますが、1番大切なのは曲の練習よりも基礎練習です。

曲の練習を沢山やるよりも、地道に基礎練習をする人がホルンが上手くなる方法の秘訣になります!

理由は、ホルンが曲で吹く様々なフレーズは基礎練習をちゃんとしないとテンポからずれてしまったり、滑らかに吹くことができないからです。

 

ホルンが上手くなる方法を紹介しましたがでは一体、ホルンが上手くなりたい人はどんな基礎練習をしたら良いのでしょうか!?

次に解説していきます^ ^

ホルンが上手くなるための基礎練習

  • タンギング
  • リップスラー
  • ロングトーン

基礎練習には、沢山の種類がありますがホルンが上手くなる方法としてこの3つの基礎練習に絞ってみました!

では、簡単に一つずつ解説していきます^ ^

タンギング

ホルンは、曲中に沢山の裏打ちを担当します。

そのため、歯切れの良いタンギングを必要とするのでタンギングはホルンが上手くなりたい人は時間をかけて基礎練習に取り入れた方が良いですよ!

リップスラー

ホルンに限らずですが、金管奏者は誰もがリップスラーの道に通ります。

リップスラーを滑らかに吹けるのと吹けないのとでホルンが上手い人、上手くない人とすぐにわかってしまいます。

また、曲中でもホルンはリップスラーが沢山出てくるので練習することをおすすめします!

ロングトーン

ホルンは、時には縁の下の力持ちということで長い音符を吹き続けることがよくあります。

そのため、どんなに長い音でもピッチを安定させなければならないのでホルンが上手くなりたい人はロングトーンを基礎練習の初めに取り入れることをおすすめしますよ。

まとめ

今回はホルンが上手い人の特徴や性格、ホルンが上手くなりたい人に向けてホルンが上手くなる方法や基礎練習を紹介しました!

ホルンが上手い人の特徴や性格には当てはまっていましたか?

また、ホルンが上手くなりたいと思っている人は是非今回紹介した上手くなる方法や基礎練習を試してみてください。

ホルンはとても難しい楽器なので諦めたくなる時も来ると思いますが、自分を信じて頑張ってください^ ^