フルート・ピッコロ

【フルートあるある】吹奏楽や奏者のあるあるネタまとめ!吹奏楽部や初心者に男子あるあるに共感の嵐!

【フルートあるある】吹奏楽や奏者のあるあるネタまとめ!吹奏楽部や初心者に男子あるあるに共感の嵐!

吹奏楽になくてならない存在のフルート。

吹奏楽の中にあって、吹奏楽部初心者が憧れる人気の楽器!

 

ですが、その優雅なイメージとはうらはらに…

その奥深さの中には、初心者や男子も必見のあるあるがあった!

 

フルート奏者に限らず、吹奏楽部初心者、そして男子諸君!

このあるあるを見て、フルートの魅力に気づくはず!

 

そんなフルートあるあるについて詳しくお伝えしていきます^^

フルート奏者あるあるネタをまとめてみました!

フルートあるある

フルートって聞くと、お嬢様的なイメージがありませんか?

 

また吹き方もこちらのように横に構えて吹くので、とても優雅見えますし他の楽器に比べてとても華やかです♪

そして吹奏楽部の中でも、その華やかさは健在です。

 

だけど吹奏楽の中にあっては、このように横向きに構える楽器は珍しいかもしれません。

このフルートを演奏する奏者にはいろいろなあるあるがあるんです

 

そんなフルート奏者あるあるをまとめてお伝えしていきたいと思います!

フルート初心者あるある

フルートあるある

フルートを始めて間もない初心者の方からよく聞くのが、フルートをやり始めると「肩がこる」という話です。

フルート初心者あるある

フルートをやり始めると「肩がこる」

これってフルート初心者に限らず、フルート経験者は誰もが経験するあるあるな話なんですよ!

 

フルートの構え方って他の楽器と違っていますよね?

 

多くの楽器は正面に構えるのですが、フルートは楽器の構え方が横です。

そのため、体が右側に傾き、肩がこりやすいのです。

さらに、肩も凝りますが、首も痛めやすいです。

 

これはフルートをやっている人ならよくある、あるある話です。

吹奏楽部のフルート経験者もみんな知っています。

 

そんなフルート奏者にもあるあるがあるんです。

フルート奏者あるある

フルート奏者あるある

話のネタに「吹奏楽部でフルートをやってたよ」というとモテます(笑)

フルート奏者あるある

「吹奏楽部でフルートをやってたよ」というとモテる

フルートにはなぜかお嬢様というような印象があるようで、「フルート」というキーワードだけで好印象

 

楽器自体のイメージもそうなのかもしれませんが、構えた格好や唇、指の動きが優雅に見えるのかもしれません。

 

「吹奏楽部でフルートをやってた」というセリフは、合コンでもその威力を発揮します。

何かの機会にぜひ使ってみてください。

 

このように女子にとってはフルートをやっていたというだけでモテ要素になるフルートあるあるですが、女子だけでなくフルート男子も存在します^^

フルート男子は少数ですが、男子ならではのあるあるもあるのではないでしょうか?

 

そんなフルート男子にはどんなあるあるがあるのでしょう?

フルート男子あるある

フルートあるある

私の所属していた吹奏楽部の先輩にもフルート男子がいましたが、その先輩、”オカマ”という噂がありました

いたって普通の方だったんですけどね。

 

おそらく、フルートを構えた時の唇の動きだったり、小指が立ちやすい楽器のせいか、そのように誤解されるのかもしれませんね。

吹奏楽部自体にも男性が少ない上に、楽器がフルートですからね。

誤解されやすいかもしれません。

フルート男子あるある

フルート男子は誤解されがち

 

しかし、フルート奏者の中にはもちろん男性の方もたくさんいらっしゃいます。

フルート男子のイメージが払拭されるといいですね。

 

誤解されがちなフルート男子が誕生する場所といえば、吹奏楽部ではないでしょうか?

フルート男子に限らず、フルート奏者の多くは中学校や高校の吹奏楽でフルート担当になった人がほとんどでしょう。

 

そこで、次は吹奏楽の中で感じる吹奏楽フルートあるあるをご紹介していきます!

吹奏楽フルートあるある

フルートは吹奏楽の中では、メロディーパートを担当することが多い楽器です。

また、高音が出る楽器ですので、人の感覚とし聞き取りやすい音、目立つ音として認識されやすいと思います。

 

高音で目立つ、ということは、そこに技術が求められる楽器でもあります。

吹奏楽部の中では、とても重要なパートを任されていると思います。

 

吹奏楽部のフルートにはどんなあるあるがあるのでしょう。

吹奏楽部のフルートあるある

フルートあるある

フルートって構え方が横向きのため、吹奏楽部の中で合奏となるととても気を使います

右隣の方にぶつからないようにし、かつ指揮が見える位置に陣取らねばならず、ポジショニングを誤ると、肩こり、首こりにもつながり、演奏にも支障がでます。

吹奏楽部のフルートあるある

吹奏楽部のフルートは、ポジショニングが難しい

それぞれの吹奏楽部での人数の編成にもよりますが、フルートは幅を取るため、その配置にも気にしなければならないことです。

メインパートを吹くことが多いフルートの位置によって吹奏楽の印象もかわりますしね。

こう考えると、吹奏楽部の中ではなかなか扱いづらい楽器かもしれませんね。

 

そんなフルートですが、フルートパートにもあるあるがあるんですよ。

吹奏楽部のフルートパートあるある

フルート男子あるある

吹奏楽部のフルートパートには、1st、2nd、3rdなどがあります。

パート決めの時、1stになる人がパートの中でうまい人だと思われがちですが、それは勘違いです。

 

吹奏楽部の中では、メインパートを吹く1stより、2nd、3rdに選ばれる人の方が技術がある方が選ばれることが多いです。

それは、フルートという楽器が高音よりも低音を出しづらい特徴があるからです。

1stよりも低音を吹くことが多いパートになるので、そこがきれな音で音量も出せるというのはすごいことです。

吹奏楽部のフルートパートあるある

1stより2nd、3rdの方が上手な人が選ばれる

吹奏楽のフルートパートを見る目がかわりましたか?

 

実は、低音を担当する人の方がうまいというフルートパートには、もう一つの楽器が存在します。

あまりにも小さくてうっかり見落としがちですが、その音色の存在はかなり目立つという楽器!

 

次は、そんなフルートパートのもう一つの楽器に関するあるあるです^^

おまけじゃないよ!ピッコロあるある

吹奏楽あるある

さきほど、フルートパートのお話をしましたが、フルートパートには忘れてはならない”ピッコロ”という楽器が存在することを知っていますか?

フルートよりもさらに小さく、高い音が出る楽器です。

 

フルートのパート内では、演奏する曲によりピッコロの担当を決めます。

フルートよりも小さいがために、一筋縄でないかない楽器で、パート内でも技術がある方が担当することが多いです。

 

また、吹奏楽内イチの高音が出る楽器なので、その点でも、技術が求められます、

小さいからといってピッコロがフルートパートのおまけなんて思ってもらっては困ります。

吹奏楽部の中では小さくても大きな存在感!

それがピッコロです。

おまけじゃないよ!ピッコロあるある

ビッコロはフルートパートのおまけじゃないよ!

 

楽器の大きさは小さくても大きな存在のピッコロも含めたフルートあるあるですが、フルートを演奏しているとソロやオーディションといった場面にもあるあるは存在します。

ソロやオーディションのフルートあるあると聞いてあなたはどんなことを想像しますか?

私はソロやオーディションあるあると言えば、こんなあるあるが真っ先に思い浮かびました^^

ソロやオーディションのあるあるも!

フルートあるある

フルートでソロを吹く時、唇をなめて湿らすという行動を見ることがあります。

フルート奏者にとっては唇を湿らすことがよくあることなのですが、ソロで吹く時やオーディションの時などは、その行動がとても目立ちます。

ソロやオーディションのあるある

フルート奏者は唇をなめて湿らす!

 

吹奏楽部の演奏の時にも見ることができますよ。

金管楽器であれば、唇をなめてもマウスピースで隠れてしまうので、そんなに気にならないのですが、フルートのように、唇がよく見える楽器では少し気になるかもしれません

 

でも、この行動はいい音を出すためには必要なことなんですよ。

まとめ

ここまで、さまざまなフルートあるあるをご紹介しました。

 

吹奏楽部に入ったことがある人なら「あぁ、そうそう!」と思わずうなずくあるあるばかり。

初心者の方だけではなく、吹奏楽男子が気になっていたあるあるもあったのでは?

 

吹奏楽の中でひときわ人気の楽器フルート。

優雅なイメージがあるフルート。

その奥深さはフルートに触れたことがある人にしかわかりません。

 

吹奏楽部初心者の方!そして、吹奏楽男子!

楽器に触れる機会にぜひフルートに興味を持っていただけたら嬉しいです。