オーボエ・ファゴット

【オーボエあるある】リードの作り方や苦手な音に共感の嵐?吹奏楽のダブルリード仲間ファゴットあるあるも♪

【オーボエあるある】リードの作り方や苦手な音に共感の嵐?吹奏楽のダブルリード仲間ファゴットあるあるも♪

ダブルリードのオーボエってとてもいい音がしますよね!

魅力的な音色のオーボエですが、リードの作り方や苦手な音を綺麗に出すことが難しく苦労している人も多いと聞きます。

ダブルリード仲間のファゴットも独特な音を奏でますが、オーボエと同じように苦手な音のあるあるや共感できる部分はあるでしょうか?

 

今回は、オーボエ経験者なら思わず「あるある!」と共感する話やリードの作り方、さらにはファゴットあるあるも紹介します!

世界一難しい木管楽器のオーボエあるある!

【オーボエあるある】リードの作り方や苦手な音に共感の嵐?吹奏楽のダブルリード仲間ファゴットあるあるも♪

「世界一難しい木管楽器」としてギネスブックに記載されているオーボエのあるあるってどんなものがあるでしょうか。

オーボエは繊細な作りのためコンディションが乱れやすいことや、運指の難しさ、音程を取ることの難しさなど、いろいろ苦労する部分が多いですよね。

オーボエ経験者にとってのお悩み系あるあるを見ていくと……

 

  • 音程が合わない
  • 低音が苦手な音になりやすい
  • 吹いてるうちに息苦しくなる
  • リードの扱いが難しい(すぐ割れてしまう)

 

こう見ると、オーボエって音の作り方が難しい楽器なんだなと改めて実感しますね。

オーボエの魅力といえばなんといっても美しい音色ですよね!

しかし苦手な音をプロ奏者のように綺麗に出すのはとても難しいのです。

あるあるを見るだけでも、ギネスに載るほどの難しさであることがよくわかりますね。

扱いが難しいリードですが、作り方の面でのあるあるもあるのでしょうか?気になりますね!

作り方にもこだわりが…オーボエのリードあるある

【オーボエあるある】リードの作り方や苦手な音に共感の嵐?吹奏楽のダブルリード仲間ファゴットあるあるも♪

吹奏楽部でオーボエをやっていると、リードの作り方が気になることってありませんか?

プロのオーボエ奏者ともなると、リードは自作している方がほとんどですよね。

作り方も人それぞれこだわるポイントがあるのでしょう。

作り方は詳しくわからないけど、リード作りのあるあるが気になる!

そんな方のために調べてみました♪

 

  • 何本作っても会心の出来と言える1本が出来上がるのは珍しい
  • 急いで作っても決していいリードはできない
  • 演奏会場でもいつでも調整ができるように、道具は常に持っている

 

こうして見てみると、ダブルリード作りというのは職人技と言っても過言ではないですね。

1つ1つ時間をかけて丁寧にリードと対話をするように作り上げていくには、オーボエに対する大きな愛がないとできないことなのでしょう。

 

次はお待ちかねの、吹奏楽部オーボエあるあるを紹介します!

吹奏楽部オーボエあるある

【オーボエあるある】リードの作り方や苦手な音に共感の嵐?吹奏楽のダブルリード仲間ファゴットあるあるも♪

少し専門的な話をしてしまったので、次は吹奏楽部のオーボエ経験者が「あるある~!」と共感できそうなものを紹介していきます!

 

  • 吹奏楽部未経験者に見た目の話をすると大体クラリネットだと思われる
  • パート練習の時間は人数が少なくて寂しい
  • ロングトーンは誰にも負けない
  • 苦手な音はチャルメラの音色になる
  • 右手の親指だけめっちゃ硬い
  • 常にリードを咥えている

 

挙げたらキリがない吹奏楽部オーボエあるあるですが、代表的なものを紹介してみました。

オーボエ経験者なら1度は思ったことがあるのではないでしょうか?

 

次はオーボエよりももっと経験者が少ないであろうファゴットのあるあるを紹介していきます!

 

吹奏楽部のダブルリード仲間♪ファゴットあるある

【オーボエあるある】リードの作り方や苦手な音に共感の嵐?吹奏楽のダブルリード仲間ファゴットあるあるも♪

ここではファゴットのあるあるを見ていきましょう♪

ファゴットも独特な音色がする吹奏楽部のダブルリード仲間の楽器です。

でも、人数の少ない吹奏楽部や楽団にいると実物を見たことがないという方も多いのではないでしょうか?

オーボエの仲間と言われるファゴットのあるあるを紹介します。

 

  • 吹奏楽部未経験者に楽器名や見た目を伝えても相手に通じない
  • 合奏中、他の楽器の音に埋もれる
  • 楽器を置くときは横置きができないので立てかけられる場所を探す
  • ストラップを外し忘れる
  • 斜めに持って歩いていると壁にぶつけそうになる

 

ダブルリード仲間なだけあって、知名度に関してはオーボエと似ていますね。

低音楽器のあるあるや、楽器の大きさによるあるあるはファゴットならではなのかもしれません。

 

オーボエと言えばソロが多くてオイシイ楽器と言われますが、ソロを勝ち取るためのオーディションでのあるあるもあるんです。

次はオーディションあるあるを紹介しますね!

ソロが多いオーボエのオーディションあるあるも!

【オーボエあるある】リードの作り方や苦手な音に共感の嵐?吹奏楽のダブルリード仲間ファゴットあるあるも♪

吹奏楽部でオーディションを受けたことがある人も多いと思いますが、未経験の方もどんなあるあるがあるか気になりませんか?

オーボエは音色の特性から吹奏楽部内でもソロを任されることが多い楽器ですよね。

吹奏楽部でオーボエの人数が多いときは誰がそのソロを受け持つのか、オーディションで決めることもあるでしょう。

それではオーディションでのあるあるも紹介します!

 

  • 練習でいつもできてたところがオーディションでミスしてしまう
  • コンクール本番よりもオーディションのほうが緊張する
  • 先輩が落ちて、自分が選ばれた時の気まずさ
  • オーディション中の記憶がない

 

オーディションって、本番とは違う緊張感に包まれますよね……!

このようなオーディションあるあるは、オーボエじゃなくても吹奏楽部経験者なら共感できるのではないでしょうか?

まとめ

今回のオーボエとファゴットあるある、いかがでしたか?

ダブルリードの作り方の大変さには共感できなくても、苦手な音の難しさ知名度の低さ吹奏楽部でのあるあるは共感できる部分がたくさんあったのではないでしょうか。

リードの作り方はとても難しそうですが、一度学んでみるのも面白そうですね。

吹奏楽部でひときわ目立つ音色を持つオーボエ。

苦手な音も克服してダブルリード仲間の魅力を広めちゃいましょう♪