クラリネット

クラリネット音色を良くする方法は?柔らかくて温かい芯のある音はどうすれば出るの?

クラリネット音色を良くする方法は?柔らかくて温かい芯のある音はどうすれば出るの?

-クラリネットの音色を柔らかくしたい方必見練習方法をご紹介します!

 

今回は、クラリネットの音色を良くする方法について詳しく説明していきます。

柔らかくて芯のある音色を出す方法があればぜひ知りたいですよね。

 

クラリネットの音色を良くする方法を知って、もっと素敵な音色を奏でられるようにしましょう!

近くのクラリネット教室が見つかります♪/
\気になる人は↓↓↓をクリック!/
クラリネット教室 Zehitomo上

クラリネットの音色を良くする方法は?

クラリネット音色を良くする方法は?柔らかくて温かい芯のある音はどうすれば出るの?

楽器を吹くなら、音色を柔らかくしたり音色を良くすることは1つの目標ですよね!

プロの音と比べると安い音色や高音がキンキンしたりと自分の音が気になることがあるのではないでしょうか。

 

とっておきのクラリネットの音色を良くする方法をご紹介しますので、たくさん練習して芯のある音、響きのある音を目指しましょう!

プロの音色も夢ではありませんよ。

 

それでは早速、クラリネットの音色をよくする練習方法はあるのかというところから見ていきましょう!

クラリネットの音色を良くする練習方法はある?

クラリネットの音色を良くする練習方法があればぜひ知りたいところですよね?

実際そんな練習方法があるのかと思っている方も多いと思います。

 

結論から言うとクラリネットの音色を良くする練習方法はあります!

 

クラリネットの音色をよくする練習方法のポイントはこちらです♪

  • 楽器を常にベストの状態にして練習する
  • 使ったことのないリードやマウスピースを使って練習をする
  • 呼吸の練習をする
  • 自分の音だけが聞こえる環境で練習する

それでは、クラリネットの音色をよくする練習方法のポイントについて見ていきましょう!

 

 楽器を常にベストの状態にして練習する

まずは、いくらいいクラリネットを使っていても楽器に不具合があれば音色を良くすることはできません!

普段のお手入れを丁寧にころろがけて定期的にメンテナンスに出すようにしましょう!

 

使ったことのないリードやマウスピースを使って練習をする

音色を良くするように練習を頑張っていてもなかなか思うように改善しないこともありますよね。

そんなときは普段は使っていないリードやマウスピースを試してみてください。

 

普段と違うリードやマウスピースを使うことで今までとは違う音色になり、音色をよくすることに繋がるかもしれませんね。

 

呼吸の練習をする

呼吸はとても基本的なことですが改めて腹式呼吸ができているか確認してみましょう!

呼吸の練習は楽器がなくてもどこでもできますよ。

 

例えば4拍で息を吸って8拍で出し切るというブレストレーニングを続けてみてください。

徐々に肺活量も増えて音色をよくすることに役立つはずです。

 

自分の音だけが聞こえる環境で練習する

吹奏楽部の練習では大人数の中で練習することが多いですよね。

自分だけの音色を聞くことで、自分の音色がどんな音色かわかるので、自分だけの音が聞こえる環境で練習してみてください。

 

次はいろいろ種類があるリードによっても音色に影響があるか説明していきます。




クラリネットの音色はリードの影響が大きいの?

ではここでは、クラリネットのリードによる音色の影響について知っていきましょう!

まずクラリネットの音色はリードの影響を受けるのかというと、影響を受けます

 

  • リードが柔らかいと音色が柔らかくなる
  • リードの取り付け方で音色が変わる

 

リードが柔らかいと音色が柔らかくなる

リードの種類について、柔らかいリードの方がより柔らかい音色になります。

硬い音を出したいときは硬めのリードを、音色を柔らかくしたいときは柔らかめのリードを使ってみてはいかがでしょうか。

 

リードの取り付け方で音色が変わる

リードの取り付け方もクラリネットの音色に影響します。

音色をよくするには、マウスピースに対してリードを真っすぐ取り付けます。

 

なんとリードは髪の毛1本分のずれで音色が変わってしまいます。

リードを取り付けるときは、丁寧に取り付けるようにしましょう!

クラリネットはプロの音の真似をする!

クラリネットの音色を良くする方法としてプロの音を真似するという練習方法もあります!

 

理想とするクラリネットの音色を見つける!

まず、自分が理想とするクラリネットの音色を出すプロのクラリネット奏者を見つけましょう。

You Tubeなどで動画がたくさん見られるので、参考にしたいプロの音を見つけてみてください。

 

理想の音色と自分の音色の違いを理解する!

理想の音を見つけたら、理想のクラリネットの音色と自分の出す音色の違いをよく確認します。

 

理想の音色と自分の音色の違いをよく理解することで、足りない部分を補っていくように練習してみましょう。

プロの音と自分の音色の違いを理解しながら、クラリネットの練習をすることでプロの音に近づけるはずです!

 

では、次はクラリネットの音色を柔らかくしたい方必見の練習方法などについて説明していきます。




クラリネットの音色を柔らかくしたいけど…

クラリネット音色を良くする方法は?柔らかくて温かい芯のある音はどうすれば出るの?

クラリネットの音色と言えば、柔らかい音色、温かい音、丸い音、温かい音、芯のある音、 響きのある音などと言われることが多いですが、なかなか理想の音色を出すのは難しいですよね。

特に柔らかい音色を要求されることが多いと思いますが、どうすれば柔らかい音色を出すことができるのでしょうか?

 

そもそも柔らかい音色と言っても丸い音だったり温かい音などいろいろな柔らかい音色がありますよね。

クラリネットの柔らかい音色について具体的に紹介していきますので早速ご覧ください。

クラリネットの丸い音や温かい音ってどんな音?

クラリネットの音色は丸い音や温かい音と形容されますが、実際どんな音でしょうか。

早速丸い音や温かい音のお手本になるプロの音を聞いてみましょう。

 

モーツァルトのクラリネット協奏曲です。

 

どうでしたか?

クラリネットの丸い音や温かい音が伝わったでしょうか。

 

ぜひ動画のような温かい音を出せるようになりたいですね。

では、どうやったらクラリネットの特徴である芯のある音や響きのある音を吹けるのでしょうか。




クラリネットで芯のある音や響きのある音を吹く方法は?

合奏でよく芯のある音や響きのある音を出してと指示されることもありますよね。

そんな芯のある音や響きのある音を吹く方法について説明します。

 

  • たっぷりと息を吸ってたっぷりと息を入れる
  • 正しいアンブシュアで吹く

クラリネットで芯のある音や響きのある音を出すには、やっぱり基本の息のコントロールアンブシュアに気を付けることが近道です!

 

たっぷりと息を吸ってたっぷりと息を入れる

楽器を鳴らすことで柔らかく芯のある音や響きのある音が出るようになるので、まずはたっぷりと息を吸ってください。

たくさん吸った息を楽器全部を響かせようと思って息を吐きだしてみましょう。

 

正しいアンブシュアで吹く

アンブシュアも基本中の基本ですが、芯のある音や響きのある音を出すために改めて見直してみてはどうでしょうか。

 

では、最後に音色を良くする改善方法のポイントをお教えしていきます!




クラリネットの音色を良くするための改善点をチェック!

クラリネット音色を良くする方法は?柔らかくて温かい芯のある音はどうすれば出るの?

クラリネットを吹いていて硬い音や安い音色が気になったことがありますか?

また、ザーザーと雑音が入ったり、高音がキンキンとするなどの悩みがある人も多いですよね。

 

ここでは、硬い音や安い音色、ザーザーとした雑音、キンキンする高音を改善する方法について紹介していきます。

では、実際にクラリネットの音色を改善していくためのポイントを具体的に確認していきましょう。

クラリネット音色が硬い時の改善方法は?

クラリネットで音色を柔らかくしたいのに、どうしても硬い音色になってしまうときはどうすればいいのでしょうか?

それでは硬い音色の改善方法をお伝えしていきます。

  • リラックスして吹く!
  • リードやマウスピースの素材を変えてみる

リラックスして吹く!

木管楽器は楽器自体を響かせることで柔らかい音色がでる楽器です。

ただ、合奏などで回りの音量が大きく、自分もより大きい音を出そうと力が入ってしまうと音色も硬くなってしまいます。

 

柔らかい音色を出すには、まずリラックスをしてみましょう!

 

リードやマウスピースの素材を変えてみる

リードやマウスピースを変えて音色を柔らかくする方法もあります。

リードは柔らかめのリード方が音色が柔らかくなります。

 

マウスピースは、材質を確認してみましょう。

 

金属製やプラスチック製のマウスピースだと硬い音色になります。

エボナイト(ゴム)製のマウスピースだと柔らかい音色になるので、音色を柔らかくをしたいときは、エボナイト製のマウスピースを試してみてください。

 

硬い音色が出てしまう以外にも安い音色も気になりますよね。

次は安い音色を改善する方法をお伝えします。




クラリネットの安い音色を改善する方法は?

クラリネットを吹いていてなんとなく安い音色と思うことはありませんか?

 

安い音色を改善するにもここまで言ってきたようにやはり息をしっかりと入れることやアンブシュアを整えることを意識してみてください。

  • 息をしっかり入れる
  • アンブシュアを整える

息をしっかりといれ楽器自体を鳴らすことができれば安い音色も改善できますよ!

 

続いてクラリネットを吹いていてザーザーと雑音のような音がしてしまうときの改善方法を紹介します。

クラリネットの音がザーザーする時の改善策は?

クラリネットを吹いていてザーザーと雑音がしてしまうことがありませんか?

より音色を良くするためにザーザー音を改善していきましょう。

 

ザーザーとする原因は次のことが考えれます。

  • 自分に合ったリードを使っていない
  • 息のスピードが遅い
  • アンブシュアが正しくない

 

自分に合ったリードを使っていない

リードは、硬すぎたり厚過ぎると楽器を鳴らすことができなくり、ザーザーと雑音がしてしまうことがあります。

楽器をきちんと鳴らすことのできるリードを使ってみましょう。

 

息のスピードが遅い

丸い音や柔らかい音色を出したいと思い息のスピードが遅くなってしまうとリードが振動せずにザーザーと雑音が入る原因となってしまいます。

息は密度を濃くするように一定のスピードは保って吹くようにしましょう。

 

アンブシュアが正しくない

正しいアンブシュアで吹けていないとザーザーと雑音が入ります。

息のスピード同様に丸い音や音色を柔らかくしたいと思うとマウスピースのくわえ方がゆるくなってしまうことがあります。

 

リードに適切な圧がかかっていないとリードが余計に振動することでザーザーと雑音が入ることがあるんです。

アンブシュアを見直してみましょう。

 

ザーザーと雑音が入るという方は以上の3つのポイントに注意してみるとザーザー音が改善するかもしれません。

続いて、キンキンする高音を柔らかくする方法をお伝えします。




クラリネット高音がキンキンするけど柔らかくするにはどうするの?

クラリネットの高音がキンキンするという悩みを持つ方は多いのではないでしょうか。

もともと高音はキンキンしやすいのですが、できるなら柔らかく丸い音で吹きたいですよね。

必要以上に力まずにリラックスして吹く!

高音を出すときはどうしても頑張ってしまうことがキンキンすることに繋がってしまいます。

息のスピードを速くしようとしたり、口を締め過ぎてしまったりと力みが加わるとどうしても高音でキンキンとしてしまうのです。

 

高音でもキンキンとした音ではなく、柔らかく芯のある音や丸い音を出すには必要以上に力まずにリラックスすることが大切です。

リラックスすることを意識してキンキンする高音を改善していきましょう。

 

高音をきれいに出すポイントを解説している動画も合わせてみてみてください。

 

クラリネット音色を良くするためには、たくさんのことに気を配りながら練習することで柔らかくて芯のある音を出すことが出来るようになるのですね^^

だけど、一度に全部をやろうとすると難しいので、今回ご紹介したポイントをひとつづつマスターしてみてくださいね!

 

でも、村リネットの音色を良くするためのポイントが、ちゃんとできているのかわからなくて自信がないと思う人もいるかもしれません…。

そんな人には一度、クラリネットレッスンのプロに実際に教えてもらうのもおすすめだよ!ということをご紹介していきます。

クラリネットの音色を良くする方法はクラリネットレッスンのプロに相談してみる?

ここまで、クラリネットの音色を良くする方法や柔らかくて温かい芯のある音の出し方などをご紹介してきました。

 

これまでの紹介で、クラリネットの音色を良くする方法やポイントはわかったと思います。

だけど、いざ実際にこの方法をやってみても、なかなか思うように自分の理想とするクラリネットの音色を出すことができないかもしれません…

 

そこで!クラリネットの音色を良くするために、クラリネットレッスンのプロに相談してみるということもありなのではないでしょうか^^

 

クラリネットを教えてくれる音楽教室などは全国にはたくさんありますし、今はネットでのオンライン教室も当たり前の時代になりました!

 

つまり、近所にクラリネット教室がなくてもオンライン上でクラリネットに関する相談を、クラリネットレッスンのプロに気軽に聞くことができちゃうんです♪

楽器のプロを探せるゼヒトモというサイトでは簡単な質問に答えるだけでAIがあなたにピッタリなクラリネットレッスンのプロを5人ピックアップしてくれます♪

アンケートに答えて紹介してもらうまでは無料なので探してみると面白いですよ^^

\クラリネットのレッスンを無料で探す!/

クラリネット音色を良くする方法まとめ

今回は、クラリネットの音色を柔らかくしたい方必見の練習方法などをご紹介しました。

 

クラリネットの音色を良くする方法について何かヒントはあったでしょうか?

音色を柔らかくするには、呼吸やアンブシュアなどやはり基本を見直すことが重要だとわかりましたね。

 

ぜひ今回紹介したクラリネットの音色をよくする練習方法などを活用してみてくだい。

音色を柔らかくしてまた新たな曲に挑戦できるのも楽しみですね!

 

だけど、それでもうまく柔らかくて温かい芯のあるクラリネットの音色を出すことができない時は、こちらのサイトでクラリネットの教室を探してみてくださいね♪

↓↓↓↓

\ 近くのクラリネット教室が見つかります♪/
\上手くなりたい人は↓↓↓をクリック!/
クラリネット教室 ゼヒトモ下