クラリネット

クラリネットオーバーホールの値段は?頻度やメンテナンス期間はどれくらいかかるの?

クラリネットオーバーホールの値段は?頻度やメンテナンス期間はどれくらいかかるの?

クラリネットをオーバーホールに出したことありますか?

わたしはありませんし、そもそもオーバーホールのこともよくわかっていません。

クラリネットを修理に出すとはちょっと違うみたいなんですが…

やっぱりメンテナンスのためには必要なことなんでしょうか?

 

今回はクラリネットオーバーホールの値段、頻度、メンテナンス期間などについて調査してきました。

クラリネットオーバーホールの値段は?

クラリネットオーバーホールの値段を調べる前に、なぜしないといけないのか気になりませんか?

オーバーホールって機械を分解して検査や修理するって意味があるそうなんですが、クラリネットの場合はどうなるんでしょう?

メンテナンスのためなんですかね…

クラリネットオーバーホールがどんなことをやっているのかわからないままお金を出すのはちょっと怖いので、まずはクラリネットオーバーホールが何をしているのか調べてきました。

クラリネットのオーバーホールって何するの?

それでは、クラリネットのオーバーホールって何をしているかについてです。

楽器修理店のHPを調べていると次のようなことが書かれていました。

クラリネットオーバーホールとは

外部ダメージの修復と機能の完全回復を図ること

具体的には全タンポの交換、トーンホールやキーを含めた管体の掃除、メッキ加工、キーバランスの調整などがあります。

メッキの色を銀からピンク・金色などに変更することもできます。

メッキの色が変わるとお洒落な感じがしてテンション上がりますね。

普段の修理や調整と違う点は、クラリネット自体を全て分解するというところです。

 

クラリネットのメンテナンスのためと思うとやっぱり必要な作業なのかなと思います。

でもオーバーホールの作業内容を見ていると結構な量と思うので、ここで気になるクラリネットオーバーホールの値段も調べてきました。

クラリネットオーバーホールの値段や料金の相場は?

それでは、クラリネットオーバーホールの値段や料金の相場についてです。

こちらも楽器修理店のHPから調べてみたところ値段は次のような感じでした。

クラリネットオーバーホールの値段

40,000円前後~(B♭管クラリネット・A管クラリネットの場合)

 

全部分解して修理・調整を行うため、コルクやバネの替えが必要な場合や管体割れの対応があるとさらに追加料金がかかります。

また特殊なクラリネット種(E♭管クラリネットやD管クラリネットなど)になるとB♭管クラリネットよりもオーバーホールの料金が少し上がります。

もしメンテナンスのためにクラリネットをオーバーホールに出すのなら、その前に見積書を取って、料金の確認をしたほうがいいかもしれませんね。

 

また、クラリネットを修理するお店ってクランポンやヤマハ以外にもたくさんありますよね。

クラリネットのオーバーホールを頼みたいけどどこで頼めばいいのかわからないという方は、クラリネットを購入した店(クランポン、ヤマハなど)で相談すると良いと思います。

見積を取るときもクランポンやヤマハ以外も何社か取っておいて、料金比較してみてはいかがでしょうか?

 

因みにネットでも受け付けているお店がありましたよ^^

 

クラリネットオーバーホールが何をしているのかと値段や料金の相場がわかったところで、今度はクラリネットオーバーホールの頻度期間について調べてみました。

クラリネットオーバーホールの頻度や期間は?

クラリネットのメンテナンスのためにもオーバーホールは大事な作業ということと料金についてはわかりましたが、実際どのくらいの頻度で行うものなんでしょうか?

もしクラリネットをオーバーホールに出すなら期間も長そうなイメージがあります。

そんなわけで、次はクラリネットオーバーホールの頻度や期間について調べてきました。

クラリネットオーバーホールの頻度は?

まずはクラリネットオーバーホールの頻度についてです。

クラリネットがこんな状態のときはオーバーホールに出す必要があります。

クラリネットオーバーホールを出したほうがいい状態
  • 数年間クラリネットを仕舞ったままにしていて久しぶりに出した時
  • 久しぶりにクラリネットを出したら、楽器がかびていた
  • クラリネットを購入してしばらく時間が経っているのに一回もメンテナンスに出してない時

 

つまり、しばらく楽器を触っていなかったり、調整や修理に一度も出していないクラリネットはオーバーホールの必要があるってことですね!

ちなみに定期的に調整に出しているクラリネットはオーバーホールは必要ありません。

ということは頻度はあまり関係ないということですね。

 

では今度はクラリネットオーバーホールにかかる期間について見ていきましょう。

クラリネットのオーバーホールにかかる期間は?

次は、クラリネットオーバーホールにかかる期間についてです。

こちらをネットで調べたところ次のことがわかりました。

クラリネットオーバーホールの期間

1日または2日ほど

 

楽器を分解するのですごく時間がかかると思っていましたが、あんまり時間がかからないんですね。

ただ予約をしないで行くと順番もありますから結構待たされる羽目に…

〇日後に取りに来てください」と言われたりもするそうです。

何事も予約は大事ですね。

 

以上でクラリネットオーバーホールについてでした。

でもよく考えてみると定期的にメンテナンスをしておけば、クラリネットをオーバーホールに出す必要ないんじゃないかと私は思うのですが…

もちろん、楽器修理のプロに見てもらうことはとても大事ですし、素人ではキーの調整は出来ませんが、楽器を良い状態に保つことはできると思います。

今度はクラリネットを自分でメンテンナンスできるか調べてみました。

クラリネットを自分でメンテナンスする方法

では、クラリネットを自分でメンテナンスする方法についてです。

こちらもネットで調べたところ次のことがわかりました。

メンテナンス方法
  • 管体にスワブを通して水分をとる
  • クロスなどでキーなどのメッキ汚れを拭く
  • タンポの水分を取る

 

クラリネット吹きの方なら日ごろからされていることではないでしょうか?

こうやって見ると水分がいかにクラリネットの天敵であることがわかりますね。

また、コルク部分も水分が溜まりやすいのでスワブではない布(ガーゼなど)で拭き取ることも大事です。

スワブで拭き取ってしまうとスワブの吸着性がなくなるほかに、コルクグリスがスワブに付着して管内の汚れとなってゴミが溜まる原因にもなります。

 

以上自分でできるメンテナンス方法についてでした。

では最後にクラリネットのメンテナンスに必要な用品を見ていきましょう。

クラリネットのメンテナンスに必要な用品は?

それでは、クラリネットのメンテナンスに必要な用品についてです。

多分もうお分かりかと思いますが、一応念のため記しておきます。

メンテナンスに必要な用品
  • スワブ
  • クロス
  • クリーニングペーパー
  • コルク周りを拭く布

 

どれもこれもクラリネットには大事なメンテナンス道具です。

スワブやクリーニングペーパーは水分を取るのに必要ですが、、メッキの汚れを取るクロスも大事です。

指紋だらけのメッキよりも磨かれたメッキのほうが、クラリネットは格好良く見えますよ。

これらの購入場所は通販やクランポン・ヤマハなどの楽器店などですね。

また、クランポンやヤマハのHPにはクラリネットのメンテンナンス方法が詳しく載っていますので、もっと詳しく知りたい方はクランポンやヤマハのHPで探してみると良いでしょう。

以上、クラリネットのメンテナンスに必要な用品についてでした。

まとめ

いかがでしたか?

今お持ちのクラリネットはどんな状態ですか?

オーバーホールに出す必要があったりしますか?

私はクラリネットのオーバーホールは経験したことがありませんが、学校の備品のバスクラリネットのタンポが破れて何度が修理に出したことがあります…

学校の楽器が古いとはいえ、非常にやるせない気分だったことやもっとしっかりメンテナンスをしておけばよかったと何度も後悔をしていました。

 

クラリネットのオーバーホールはお金がかかることなので、気軽に何度も出せませんが大きな故障になる前にメンテナンスに出してあげることは大事と思います。

大事なクラリネット長く使うためにも日ごろのメンテナンスはしっかり行いましょう。