担当者の評判が良い/悪い転職エージェント

転職エージェントには専属の担当者がついてくれるところが多いです。担当者の評判の良い悪いは大切なポイントですから、事前によく調べておきましょう。

 

担当者の評判が良い転職エージェント

良いエージェントの特徴は、相談者の話をしっかりと聞いてくれることです。これは基本中の基本と言えるものですが、中には話をほとんど聞いてくれない悪いエージェントもいるのです。一方的に仕事を勧めてきて、こちらの話をほとんど聞いてくれない人はいます。転職を希望している人は、今よりもっと高待遇の職場を探しています。転職をしたのに前職場より悪待遇になるようでは意味がありません。

良いエージェントは適性診断をしっかりと行ってくれますので、自分自身の強みが見えてきます。書類選考や面接では自分の強みをいかにアピールするかがポイントになるのです。しっかりとアピールすれば高評価を獲得できますので、そのために自分の強みを知っておく必要があります。強みをまったくわからない状態だと、アピールをするにも躊躇してしまうはずです。自分の強みは自分で知るのが難しく、これは人が自分を客観視するのが苦手なためです。だからこそプロの転職エージェントの適性診断を受ける必要があります。

悪いエージェントほど話を先に先にと勧めようとしますが、これは好ましくありません。転職を成功させるためには、譲れない条件を明確にしておく必要があります。ただ条件指定をあまり増やしすぎると、ヒットする案件が少なくなります。ときに妥協が必要になることがありますが、どこで妥協するのかも大切なポイントです。誰しも妥協はしたくないでしょうが、しないと仕事が見つからないケースは多々あります。希望条件には優先順位をつけておき、よい案件が見つからないときは優先順位の低いほうから妥協していきます。

転職エージェントの担当者を選ぶときは、実績をよく確認しておきましょう。自分が転職を希望している業界にいたエージェントならば、業界の内部事情を聞くことができます。業界のことを知り尽くしたプロに相談すれば、求人票からは見えてこない情報も入手できます。優れた担当者なら職場との条件交渉を成功させ、よりよい条件での契約を可能にしてくれるでしょう。条件交渉は自分自身ですることも可能ですが、よい条件を引き出すためにはプロにまかせるのが得策です。良い転職エージェントは職場ごとの性質を把握しており、人間関係などの裏情報を把握していることが少なくありません。

参考URL:https://my-recruitment-agent.com/